野草酵素は効くのか?論文の批判的吟味をしよう♪

野草酵素は効くのか?論文の批判的吟味をしよう♪

「野草酵素」

というのをご存じでしょうか?

おじいちゃん・おばあちゃんに人気の健康食品です。

発売元は、その名も「有限会社 野草酵素」です。

「野草酵素」は看板商品ということですかね。

 

ネーミングからイメージしそうなのは。

  • 健康
  • 自然
  • 元気
  • 安全

ってところでしょうか。

健康になれそうな名前ですね。

 

おじいちゃん・おばあちゃんにとっては、

「ポリフェノール」とか。

「レスベラトロール」みたいな。

カタカナの成分よりよっぽど受け入れやすいでしょう。

 

さて、この「野草酵素」の効果をまとめた論文が出ました![1]

動物実験ではなく。

試験管で成分を分析したとかでもなく。

人間を対象に、臨床試験をして、その結果を論文にしたんですねー(^o^)

よくがんばりました。

方向性は間違ってませんね。

 

そこで、論文の宿命である「批判的吟味」をしたいと思います。

「批判的吟味」とは。

論文を、「本当かぁ?本当に信用できるデータなのかぁ?あぁ!?」

と、疑いつつ読むという、なんともひねくれた読みかたです。

文字通り、「論文を批判的に吟味する」ということです。

 

医学論文は、人の健康や命に関わることですからね。

「まあ、ちょっとヘンなところがあっても大目にみてあげよう(^_^;)」

みたいに優しくしてあげると、後で被害にあうのは国民・患者さんなのです(T_T)

手を抜くのは、国民への裏切りなのです。

臨床試験を行った研究者にも失礼です。

 

本当に良い治療法を、しっかりデータを出してまとめた論文は、そういう「批判的吟味」をうけても、びくともしません。

スーパーサイヤ人状態の孫悟空のように。

どんなに批判的な攻撃をうけても、痛くも痒くもありません。

ということで、今回は、「野草酵素論文」について、私なりの「批判的吟味」をまとめました。

1. 「野草酵素論文」の批判的吟味で見つかった良い点

まず、良い点を挙げてみますと。


「試験の方法はしっかりしているっぽい」


というのは評価できます。

特に、以下の点です。

  • ランダム化(無作為化)している
  • 盲検化している
  • プラセボを比較対照にしている

 

「ランダム化」というのは。

「野草酵素を飲んだグループ」と、「飲まないグループ」を、ランダムに分けるということです。

これによって、グループ間の比較を公平に行うことができます。

 

「盲検化」というのは。

誰が野草酵素を飲んだのか、誰が飲んでいないのか?

研究者も、 飲んでいる人も、わからない状態にすることです。

こうすることで、「野草酵素を飲んでいる方が良い結果になるようにしてやろう(゚∀゚ )」

みたいな悪だくみを避けることができます。

 

「プラセボ」というのは。

野草酵素の有効成分は入っていないけど、「見た目」や「味」などが野草酵素と変わらないものです。

ここまでは、「野草酵素を飲まないグループ」と言ってきましたが。

正確には、

「野草酵素と見た目や味が変わらない液体を飲んでいるグループ」(プラセボグループ)

となります。

 

「盲検化」でプラセボと比較することで、参加者は、どっちを飲んでいるかわかりません。

「さすが野草酵素!効くね~♪」感を除いた比較ができるのです。

 

ま、こういう信頼性が高い試験をデザインしたことは評価できますね♪

実施するのもタイヘンだったと思います。

ただ、薬の臨床試験だと、こういうのは一般的です。

他の研究に比べて格別スゴい臨床試験をしたというわけではありませんので悪しからず。

2. 「野草酵素論文」の批判的吟味で見つかった問題点

では次に、問題点を挙げてみましょう。

問題点1:

事前に「調査項目」に設定していたものの一部が、結果の中に入っていない

 

こういう臨床試験をするとき、あらかじめ「計画書」を作ります。

そして、「計画書」の通りに実施します。

事前に決めておかないと、あとで都合がいいデータを出せてしまうからてす(+_+)

今回の臨床試験でも、あらかじめ、 「こういう調査をしますよ」と計画書で定めていました。

 

ところが。

「調査しますよ」とあらかじめ言ってた調査が、結果の中にありません(+_+)

例えば。

この臨床試験は、「野草酵素が血液の流れを良くするか?」を調べる試験なのですが。

事前に設定していた調査項目は、以下のような項目でした。

  • 血液通過時間
  • 血液の流れやすさ
  • 血液の濃さ
  • 血球のつまりやすさ

 

ところが、 これらの結果は、論文には書いてありませんでした。

結果はどうだったのでしょうか?

ひねくれものの私は、こう思ってしまいます(゚∀゚ )

「良くない結果やったんとちゃうか?」

 

問題点2:

たくさんある調査項目のうち、良さそうな結果だったのは「血流速」 しかない

 

この論文の中で一番アピールしているのは。

血流速が「野草酵素」を飲んだグループで改善していたということです。

論文ではダンゼン「血流速」推しです(^_^;)

 

うーん、どう思いますか?

ひねくれものの私は、こう思ってしまいます(゚∀゚ )

「良い結果がなかったから、後から良いデータ(血流速)だけ採用したんとちゃうか?」

 

問題点3:

たくさんの項目のうち、一つだけ良い結果があったとしても、それは本当に「効いた」とは言えないかも

 

何個も調査して、その中で一つ、たまたま良い結果だったようなとき。

こういう「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる!作戦」はダメですよーと、以前の記事でお話ししましたね。

以前の記事はコチラ→ビタミンやミネラルのサプリメントで健康・長生きできると思ってはいけません(後編)

たくさんの項目を検討することで、本当は効果がなかったとしても、たまたま、どれか一つで効果が認められる(ように見える)ことがあるのです。

銃が下手なヒトでも、何回も打つと、たまたま的に当たることがありますね。

でも、これは実力ではありません。まぐれです。

 

今回の論文では、たくさんの項目を検討していますね。

そして、そのうち「血流速」が良かった!とアピっています。

 

問題点3:

そもそも、この「血流速」が改善することが、大きな病気の予防につながるのか示されていない(意味のないものを見ている可能性がある)

 

今回、「血流速」が改善したとのことですが。

これは、「Bscan-Z」という、指の毛細血管を読み取る機器を使って測定されました。

この機器を使って、「血流速」の数値が良くなった。

「ふーん。で?」

という感じ、わかりますでしょうか?

 

つまり。

「この機器で、「血流速」の数値が変わったところで、 それが本当にその人が健康になったということを示しているのか?」

ということです。

こう言い替えてもいいです。

「1本の指の毛細血管の血流が、その人の全身の血流と同じと言えるのか?」

 

例えば。

同じ人でも、状況が変われば、指の血流もけっこう変わりそうです(^^;)


  • 「測定の直前までジーっと座ってた場合」
  • 「測定の直前までツムツムをして指を激しくふるわせていた場合」
  • 「遅刻して走ってきて、スゴい勢いで全身に血がギュンギュン廻っている場合」

 

また。

「血流速」が良くなると、健康になると考えているのでしょうけど。

だからこそ、「血流速」を測っているのでしょうけど。

「Bscan-Z」という機器で測定した「血流速」で、本当に、「健康」を見れているのか?

を確認しておくべきです。

 

ちょっと話がそれますが。

こういうのは、健康食品で健康になっているかどうかがわかりやすいですね♪

  • 健康食品を食べて「死亡」が減ったか?
  • 健康食品を食べて「心筋梗塞」が減ったか?

 

また、健康食品を食べて「コレステロール」が下がった♪

というのもオッケーです(^^)d

なぜなら、過去のデータから、以下の事実が明らかになっているからです。

  • コレステロールが高いと心臓疾患が起こりやすい
  • コレステロールを下げると心臓疾患を減らせる

 

なので、コレステロールを測ることに意義があるのです。

このコレステロールですら、国際標準の測定方法があって、それと違う測定方法を使うと、
「その測定方法で出たデータ、信用できるの?」となるわけです(>_<“) 。

 

今回の「Bscan-Z」という機器で測定した「血流速」で、本当に、「健康」を見れているのか?

については、どうなんでしょう?

論文にはそういう説明はありません(>_<“)

最悪、もしかすると、何の意味もない数字を一生懸命見ているだけなのかもしれません(T_T)

3. まとめ

「野草酵素」の臨床試験は、まあまあ、ちゃんと設計をして、行われたっぽいです。

でもでも。

その結果からは、「うん、これはイイ!俺も 今日から飲もうっと♪」

とはなりませんでした(^_^;)

 

「私が飲むかどうか」という観点では「不採用」としましたけど。

この論文の結論は


「野草酵素は「効く」とはいえない」


です。

「野草酵素は効かない」と断言できるということではありませんので、ご注意くださいm(_ _)m

 

ただ、論文では、著者は「血流速も良くなっているし健康になれそうだよ!オススメだよ!」

くらいで推し推ししていますが、これはさすがに言い過ぎです(^_^;)

 

健康目的で無理して買い求める必要はないと考えますが。

健康目的というより。


  • 「美味しくてやめられない♪」
  • 「あえて他に飲みたいのがないから」

という方は、これからも飲んでていいんじゃないでしょうか(^^)d

【参考文献】
[1] Jpn Pharmacol Ther 2018 46(6)1005-1012

おわり。