ビタミンやミネラルのサプリメントで健康・長生きできると思ってはいけません(前編)

ビタミンやミネラルのサプリメントで健康・長生きできると思ってはいけません(前編)

「サプリメントは健康に良い」、と期待していますか?

特に、ビタミンやミネラルのサプリメント。

 

こんなことは聞きたくないかもしれませんが。

言わねばなりませんm(__)m

多くのビタミン・ミネラルのサプリメントには、 健康に良いというデータがないことを。

 

むしろ、 以下のような困ったデータの方がたくさんあるのです。

  • 効果を確認できない
  • 副作用が起こる
  • 死亡率が高くなる

信じられないですか?

「そんなわけないじゃん!その辺でこんなにたくさん普通に売ってるんだぞ!?」

「もし本当に効かなくて副作用もあるんだったら、こんなに普通に売られてねーよ!」

と思いますか?

 

では、詳しく見ていきましょう。

ビタミンやミネラルのサプリメントについて、どんな研究結果があるのかをお話しします。

今回は「前編」。

 

研究結果の前に、「サプリメントとはどういうものか?」をお話しします

次回の「後編」で、研究結果をお話しする前に、おさえておく必要がある内容です。

本題である「後編」の前に少しだけお付き合いくださいm(__)m

面白い内容なので(^^♪

1. ビタミン・ミネラルのサプリメントを飲むのはどんなとき?

どんなときに、ビタミンやミネラルのサプリメントを飲もうと思いますか?

きっと、こんなときが多いのでは?


  • 「最近、 外食多いなー。栄養取れてないなー(・・;)」
  • 「最近、 体重増えてきたなー。食事の量を減らさないと(・・;)」
  • 「ずっと健康で長生きするために何かいいのないかなー(^^;)」

みたいな。

そんなとき、すぐに手に入るもので解決できるなら。

「ちょっと試してみようかな♪」

と思いますよね!?サプリメントを。

 

なにしろ、手軽です。

薬局に行けば簡単に買えますから。

スーパーやコンビニでもオッケー。

なんて簡単な健康法でしょう!

2. サプリメントが「お手軽」な健康法である理由

でも、考えてみてください。

そんな手軽に買えるのはなぜでしょう?

それは、 国が厳しく審査して許可を与えなくても、簡単に売れるからです。

「この病気に効果があるよ!」と言おうとすると、国は厳しく審査します。

信頼性の高いデータを提出させて、本当にそんな効果があるのかをガッツリ見られるのです。

お医者さんが処方する医薬品は、とっても厳しく審査されます。

 

一方、サプリメントはどうでしょう?

どんな病気に効くのか、箱にも説明書にも書いていませんよね。

薬ではなく、食品の扱いなのです。

だから規制がユルい・・・(・_・)

 

サプリメントは販売しようとするとき。

人間を対象とした臨床研究をしなくても良いのです。

つまり、しっかりしたデータがないのです。

するとどうなるか?

効果や安全性が、しっかり確認されていないサプリメントが店頭に並ぶのです(>_<)

3. サプリメントが健康・長生きに効果的と期待されてしまう理由

では、なぜ、そんなデータがないサプリメントをみんな期待するのでしょう?

こんな理由ではないでしょうか?


「ビタミンやミネラルは体に必要不可欠の栄養素だから」


その通りです。

理科(?)の教科書にも(たぶん)書いているくらい、常識になっていることですね。

 

そして、こんなイメージがあるんじゃないでしょうか?

効果については

  • 「野菜あんまり食べてないし、ビタミンのサプリメントで補充しよっと♪」
  • 「生きていくのに不可欠な栄養素でしょ?体にいいに決まってるっしょ!」

安全性については

  • 「は?体に不可欠な栄養素でしょ?体に悪いわけないじゃん!何言っちゃってんの?」

本当にそうなのか、考えてみましょう。

 

「体にとって必須の栄養素を補充する。」

確かに、理論的にはサプリメントで健康になれそうです。

でもでも。

そこには理論しかありません。

実際に確かめた結果(データ)がありません。

これだけだと、机上の空論です。

 

「論より証拠」。

次回(後編)の記事で、「論」ではなく「証拠」の方をお話しします。

すなわち。

実際に人間を対象に、ビタミン・ミネラルのサプリメントを飲んだときにどうなったのか?

そういう臨床研究の結果をお話しします。

「感覚」や「イメージ」ではなく、「データ」に基づいて判断するのが、このブログの信条ですから。

乞うご期待♪

 

おわり。