一番健康的で長生きするスポーツは?

一番健康的で長生きするスポーツは?

「 運動は健康長寿に効果的!」

ということは知っていても。

「じゃあ、どんな運動をするのが一番長生きするのか?」

というのは、あまり知られていないんじゃないでしょうか?

 

そういうデータは、実はそんなにありません。

これから、健康・長生きのためにスポーツを始めようとする人は悩みますねー(-_-;)

それに、スポーツを選ぶときは、好き嫌いもあります。


  • 筋トレキライ
  • ジョギングキライ
  • オヨゲナイ
  • シンドイ

そういう人は、健康のために何をすればいいでしよう?

ということで、今回は、そういう疑問を解決する、最近の研究結果をお話しします♪

1. 健康長寿に一番良いスポーツの研究とは?

先に結果をお話ししましょう!

よかったですね!健康寿命が一番延びるのは「テニス」でしたよ(^^)d

この研究は、デンマークで8,577名を対象に、25年間観察した研究です。

 

対象の人を、以下のようにグループ分けしました。

  • 運動不足で、座っている時間が長いグループ
  • いろんなスポーツをするグループ(各スポーツごとにグループ分けする)

そして、運動不足の人と比べて、各スポーツで、どれくらい健康寿命が延びるか、調べられました。

観察した25年間の間に、何が起こったのか?

死んだ人は、どんなスポーツをしていたのか、もしくはしていなかったのか?

というようなことを調査をしたのです。

 

結果は、以下のとおりです。

〈寿命が延びた年数〉

  • テニス:9.7年
  • バドミントン:6.2年
  • サッカー:4.7年
  • サイクリング:3.7年
  • 水泳:3.4年
  • ジョギング:3.2年
  • 体操:3.1年
  • スポーツジムでの運動:1.5年

2. 研究者の視点はココ。健康長寿スポーツの性質は?

この研究で、研究者が注目している点。

それは、「ソーシャルスポーツ」が、健康・長生きに効果的だということです。

「ソーシャルスポーツ」というのは、対戦したりチームになったり、複数でするスポーツのことです。

「テニス」や「サッカー」みたいなやつですね。

 

それに対して、「水泳、ジョギング、体操、ジムの運動」はどうでしょう。

まあ対戦できるのもありますが。。

一人でモクモクやって成り立つスポーツぽいですね。

 

どれを選ぶかは個人の好みです。

友だちがたくさんいる読者は、 どしどし友だちを誘って長生きしましょう!

一人が好きな読者は、モクモクと走るか泳ぐかして長生きしましょう!!

 

研究者は、こう言ってます。

「ずっとジョギングをしている人が、無理してテニスする必要はないよ(^^)d」

自分に合ったスポーツが一番いいってことですね♪

3. 研究結果の解釈に注意!

一つ、注意点をお話ししておきましょう。

あまり面白くないかもしれない内容です(^_^;)

読んでてつまらないと思ったら、4.まとめ に進んでオッケーです♪

でもでも。参考になる内容ですよ(^^)d

 

さて、この研究は、「観察研究」 です

これまで、このブログを読んでくれている読者はわかりますね?

「観察研究」は、データの解釈を間違える可能性があるのです。

詳しくは、以前の記事をご覧くださいm(_ _)m

以前の記事はコチラ→信頼できる健康情報とは何か?人間を対象にした研究の方法論

 

この研究で、考慮しないといけなそうな点は何でしょうか?

私なりに挙げるとすると。

今回の研究では、8,557名を集めて調査しましたが。

「8,557名の集め方に問題はなかったか?」

ということを疑うべき、と考えます。

「観察研究」は、 都合のいいデータを集めることができてしまう研究でしたね。

 

例えば。

「運動不足の人」は、もともと病気がちだから、運動できないだけなのかもしれないですね。

つまり。

「(健康なのに)運動不足だと長生きしないわよ!」

ということではなく、

「僕、もともと病気がちだから、運動をしたくてもできないんだよぅ(T_T)」

かもしれないのです!

 

そういう人(病気で運動できない人)と比べたら、そりゃあ健康な人は長生きできます。

運動しているかどうかなんか関係なく、「運動不足は長生きできない」という結果になるでしょう。

「運動の効果を測る調査」として、そんな調査は失格です。

 

また、こういう問題もあるかもしれません。

テニスやサッカーは、比較的若い人がしています。

若い人はなかなか死にません。

観察していた25年間の間に死ぬことは、あんまりなさそうです。

 

一方、ジョギングや体操はどうでしょう?

けっこうお年寄りもよくやってるんじゃないかな?

お年寄りなら、25年間もあれば、けっこうお亡くなりになるんじゃないでしょうか?

 

「もともと、テニスやサッカーの方が、死ににくい人たちの集まりだったのでは?」

そういう疑念を抱くこともできる、ということです。

 

ということで、以下のような可能性を考えることができますね(-_-;)


  • 長生きするというグループ:もともと死ににくい人が多かった
  • 長生きしないというグループ:もともと死にやすい人が多かった

仮にそうだとすると。

「テニスやサッカーの方が長生きするスポーツだ!」

とは言えなくなりますね(T_T)

 

でも、(ちょっとだけ)安心してください(^^)d

「観察研究」は、こういう疑念を抱かせてしまう研究方法だということ。

そんなの、研究者は百も承知です!

 

研究者は、考えられる影響に対して、(ある程度は)影響が出ないように分析できるのです。

その方法は、難しいので、ここではお話ししませんが。

 

この研究では、私が前述したような疑念については、考慮した解析がされているっぽいです。

なので、 「観察研究とはいえ、まあそこそこ信用してもいいかな♪」と考えられるのですね♪

 

でもでもやっぱり。

研究者の考えが及ばないような影響、つまり「未知の要因」が、研究の結果に影響している可能性は否定できません。

「観察研究」は、どうやっても、研究結果に影響を及ぼす可能性がある「未知の要因」から逃れられないのです(>_<“)

わかりますでしょうか?

うまく説明できなくてすみませんm(__)m

 

まとめますと。

「観察研究」は、「常にジロッと疑いの目を向けながら解釈する必要がある研究方法」

だということを覚えておいていただければウレシイです(*^-^)

イメージは、こんな感じです。

( →_→) ジロッ → 「観察研究」(・・;) ウゥ・・・

 

4. まとめ

今日のまとめ;

  • 運動は、やっぱり健康・長生きにいいね♪
  • テニスとかサッカーみたいなソーシャルスポーツが特にいいね♪
  • でもでも、一人モクモク運動も健康的で長生きするよ♪

運動の大切さを再認識させられる研究結果でした(^^♪

【参考文献】

[1]Mayo Clin Proc. 2018 Sep 4. pii: S0025-6196(18)30538-X. doi: 10.1016/j.mayocp.2018.06.025. [Epub ahead of print]

おわり。